美と健康は歯並びから

当院の大作武彦院長が本を出版いたしました。


「- 美しい歯並びが人生を変える - 美と健康は歯並びから」
大作武彦 著 2008/11/14発売


歯と歯並びについて30年間の経験を元に、楽しく分かりやすく書いています。お口の中に興味を持っていただけると嬉しいです。(院長談)。


目次

「食べること」の前提は、「噛むこと、噛めること」にあります。今から350万年もの昔、ヒトが脳を発達させコトバを作り出したのは、実に「噛むこと」にあったのをご存知でしょうか?それが今日、軟らかい高栄養食などの加工食品の氾濫で「噛むことを忘れ、歯と歯グキの退化、ビタミン・ミネラル・繊維などの微量栄養素の不足、さらには諸種人工化学物質によるケミカルストレス」を引き起こしてしまいました。このことこそが、成人病ともいわれる歯周病の若年化や、ガン・心臓病・肝臓病、ひいては情緒不安定などいわゆる文明病の多発を招いているのです。本書では「噛めること」を前提として、「噛むことによる様々な効用」について考えていきたいと思います。


お読みになった方々から本の感想をいただきました

お問い合せ:九重矯正歯科(042)385-5982/九重歯科多摩センター(042)373-5981