インプラントとは

「インプラント」とは、歯の抜けた場所に、人工の歯根(しこん)を埋め込んで、あごの骨に固定した後、人工の歯を上から装着する治療方法です。

歯を虫歯や歯周病で失ったまま放置しておきますと、かみ合わせが悪くなったり、隣の歯が傾いてきて、入れ歯やブリッジを入れることができなくなります。また、奥歯が1本無くなりますと、約30%噛む効率が低下すると言われています。歯が抜けた後を放置せず、すぐに対処をしないといけないのですが、入れ歯は物がはさまったり、カニのツメのようなバネが外から見えてしまい、審美性にも欠けますし、ブリッジは健全な歯を削ることもあります。
それに対しインプラントは、自分の歯と同様の外見を持ち、健全な歯を削ることもありません。現在当医院で行っているインプラント手術は、歯を抜く程度の簡単な手術で出来ます。
実は院長の私もインプラントを埋めて冠を被せておりますが、梅干しの種以外は何でもよく食べられ、人一倍もりもり食事をし、働いております。

インプラントができる条件は

  1. 骨が十分にあること。最低でも厚み6ミリ、幅6ミリ、高さが10ミリ必要です。
  2. 重篤な疾患がないこと。高血圧症、心臓病、糖尿病の方でも内科医の許可があれば、インプラント手術を行うことができます。
  3. 上下の顎の間にスペースが十分にあること。インプラントを埋め込んだ顎と対する顎の間に隙間がありませんと歯を被せることが出来ません。

歯を失ってしまった時インプラントを選ぶメリットを、他の方法を選ぶ場合と比較すると

<インプラント>

  • 自分の歯のような自然な感覚
  • 噛む力が低下しない
  • 健全歯はそのままで保存できる
  • 審美的(外見)良好

図:インプラントを選んだ場合

<放 置>

  • 抜けた歯の周囲の歯が動く
  • 対合していた歯が浮いて弱くなる
  • 噛む機能が低下する
  • 食べ物がつまりやすい

図:放置した場合

<ブリッジ>

  • 人工歯を支えるために2本以上の歯が必要
  • 健全な歯を削る
  • 支える歯に負担がかかる

図:ブリッジを選んだ場合

<入れ歯>

  • 形状が合わないと口の中で動いてしまい、当たりができ痛みを生ずる
  • バネを架けた歯の負担が大きい
  • 味覚が異なる
  • 発音障害

図:入れ歯を選んだ場合

お問い合せ:九重矯正歯科(042)385-5982/九重歯科多摩センター(042)373-5981